Slider

籐職人

ペンティミ地区の真ん中、サンティ・メディチ教会に程近い場所、静かな路地に位置する。小さな扉から入ると居間があり、クルミ材でできたアンティークな食卓がある。その右側には台所として使用していた暖炉と、この家の主人Vitoの仕事場がある。籐職人であるVitoは椅子や籠、スポルティ(トマトやアーモンド、イチジクを乾燥させるのに使用されていた1m×50cmの籐でできた大きなトレイの一種)を作っていた。入口の反対側にはアルコーヴを利用したベッドルームがあり、分厚いマットレスが心地良い。食卓と同じクルミ材のアンティークな箪笥があり、手作りの柔らかい綿のリネンが入っている。ベッドルームの横にあるバスルームには使い勝手の良いシャワーがある。左側には古い梯子がかかり、もう一つのベッドルームがあるロフトに上がれる。ロフトは昔、子供部屋または小麦やリネン類、パンの保存場所として使用されていた。このトゥルッロは、ほぼ昔の姿のまま保存されており、いくつかの改良点を除いて大きな改修はしていない。

・トゥルッリの広さ: 30~35㎡

・4名様まで宿泊可

・アルコーヴにダブルベッド1台(マットレスの厚さ31cm)+枕4つ

・ロフトにダブルベッド1台(マットレスの厚さ31cm)+枕4つ

・バスルーム(シャワー)

・自然派シャンプーとバスフォーム

・麻のタオルとシーツ

・キャンドル

・ミネラルウォーターとフルーツ

・暖房・冷房

・手工芸品の陶器

・ドライヤー・ミニバー

・インターネット接続

・自転車レンタル(レセプションにて)

・観光ガイド手配(レセプションにて)

+39 080 4323829
info@charmingtours.it
N. licenza: 332 del 6/10/2009
REA: 518650 Reg. Imprese di Bari

Piazza Sacramento, 8
70011 Alberobello (Bari)
Apulia – Italy
P.IVA 0675973072

Scroll Up
© 2020 | Foto Antonella Ivone | Web master Francesco Pepoli